舞台から5日が経ち、まだ何かとやることがありまして
あっという間に金曜日になってしまいました。


そんな中、雑誌「オルタナ」さんが

「ふたたび、ここから」の書評と今回のイベントをWEBにて
掲載してくださいました。こちら
オルタナ:http://www.alterna.co.jp/6544

ご取材くださった女性の方が終演後、「是非お名刺交換させてください!」と
かけよってくださったのが、とても印象的で、背の高く笑顔の素敵な方でした。

客席で一生懸命メモを取っていらしたので、どうしてかしら?と思っていたら
・・・そういう事だったのかと、やっと納得(笑)。



そして、ようやく収支の計算も終わり、

皆様から頂いたチケット代金や寄付金を合わせて

総額【10万円】をNPO法人フェアトレード東北さんに
お渡しさせて頂くことになりました。


手づくりのイベントで、この金額が大きいのか小さいのか・・・
私にはわかりません。


でも、私にとっては金額では図れない大切な大切なお金です。

皆さんから頂いたお気持ちは、何より重たく、温かいです。

お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。



私のブログをずっと読んでくださっている方なら、
3.11以降、私がずっと悩んだり、葛藤して、勝手に苦しんで
もがいてきたことを知ってくださってると思う。


石巻や牡鹿半島、気仙沼に行っては、様々な人々に出会い勇気づけられ、
元気を頂く一方で、無力感に苛まれては落ち込むことが何度もあって、

徐々に日常を取り戻していく東京の雰囲気の中で、

ちぎれた心をぎゅっと握ったまま、毎日を過ごしているような
そんな感覚でした。


でも、3.11からもうすぐ半年が経つ、今という時期に
やっと私らしい向き合い方が出来てきたような実感が
ほんの、ほんの少し湧いてきました。


そして、ここからは非常に個人的なことになるけれど

心のままに動いて良かったな、と思う。


3.11があって、私は直接的に関わっていくべきか、
淡々と自分の仕事を全うしていくべきか、本当に迷った。

感情だけで関わっても、現地の方にはご迷惑になってしまうだろうし
そんなに力もないのに、何が出来るのだろうと何度も思った。


それに私は、自身の舞台をもっと多くのお客様にご覧頂きたくて
東京に出てきたのだから、今、そっちにパワーを割いたら
何の為にここにいるのか・・・とも考えた。


でも、結局、思考はどこかへ追いやられ、心と体が勝手に動いていた。


結果、(そんなつもりはなかったのに)3.11をきっかけに出会った
人々を演じることになり

今までとは全く違ったジャンルの方々まで、私の舞台をご覧
頂けるような機会に恵まれた。


3.11以前よりも遙かに沢山の方々と出会いがあった。


さらに今回の舞台では


リリック・パフォーマンスとひとり芝居が自然と融合され
その合間のトークは、ラジオのDJ時代の経験が活きた。


トークショーも、実はプロデューサーに今年初めに「色んな方を
招いてトークイベントも出来たらいいな。」なんて呑気に話していて

それが結果的には実現していた。

全く意図せずとも、結果的には私がやりたいと思っていたことが
何から何まで叶っていた。


もし、頭で考えて動いていたら、このような答えにはならなかった
ような気がする。


自分の行きたい先がわかっているのなら、
私はもっと自由に、心のままに生きていけば良いのだと改めて思った。

行きたい先は、たとえ具体的でなくてもいい。

ただ、自分にとって大切なものが、何かがわかっていればいい。



8/28(日)は公演が終わり、スタッフの皆さんと打ち上げの食事が終わり
時計の針は23時の手前・・

帰りの車の中でプロデューサーに「次は何を考えている?」と聞かれた。


私は、「関西公演」ときっぱり、答えた。


翌日、プロデューサーはFacebookに今回の公演の報告に加え
「次回は、関西か海外公演の予定」と書いていた。


うわっ!何もアテないのにっ(笑)


関西となると、交通費や宿泊費もろもろ経費が更にかかる。


私達のポケットマネーで行くことだって可能だけれど、
それでは続かない。


さて、ここからどうするか。

まったく、ゼロです。


本当に関西での公演が実現するのかどうか、ブログを読んで
くださっている皆様、見守って頂ければ幸いです。



そして、ここに至るまで
沢山の方に支えて頂きました。

相談に乗ってくださった方、私のスケジュールがタイトになれば
なるほど多くなる無駄なつぶやき(Twitter)を見逃してくださった方
影で見守ってくださっていた方々

ちょっとの息抜きにと舞台に招待してくれた親友や、
そーっとスイーツを差し入れてくれた親友や、色んな話を聞いてくれた親友

神戸から応援してくれた仲間や、

ご出演くださった、池上正樹さん、加藤順子さん、
平孝酒造の平井社長、フェアトレード東北の副代表 阿部琢磨さん
ポプラ社の木村さん、野村編集長、そして坂井社長

今回お集まりくださった約100名のお客様


色々反省点も多々あります。次につなげたいと思っています。

この度は、本当にありがとうございました。


今、思うことは、今回のイベントで

私が一番、救われたかったのかも知れない、ということです。

ひさい地の方々の為に・・というよりは、無力感にうちひしがれていた
自分を何とか取り戻したかっただけなのかも知れないと、今はそう思う。

だから何もまだ終わっていなくて、次のことばかり考えてます。


写真は、たまたまレッスンの帰りに出会ったお二人。
許可なく思わずシャッターを押してしまいました(ごめんなさい!)

でも、なんていうか、こういう事なのだと。

生きていくということは、こういう事なのではないかと。


同じ青い帽子を被る、という事ではないですよ。


気づくと、8月が終わっていました。


私の”今年はビキニデビューをするぞ!”計画はいずこ・・・(笑)

せっかく実家から持って帰ってきた浴衣も・・・。

明日の夜くらい旅館気分で、パジャマにしてみようかと思います。
(↑間違ってる?)







Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://micat39.jugem.jp/trackback/196

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 深夜ドラマ「白鳥麗子でございます!」に出演させて頂いてます。
    mic
  • 深夜ドラマ「白鳥麗子でございます!」に出演させて頂いてます。
    ミッキー
  • 湊かなえさんも!井上真央さん、綾野剛さん、中村義洋監督and more お迎えしました☆白ゆき姫殺人事件
    mic
  • 湊かなえさんも!井上真央さん、綾野剛さん、中村義洋監督and more お迎えしました☆白ゆき姫殺人事件
    なごみ
  • 見て見ぬふりをする訳にはいかなかった新約聖書
    ビューティキープ
  • Paul!一生忘れません!
    Beautiful human life
  • micひとり舞台東京公演で頂いたご感想チラリ。。
    ビューティキープ
  • あなたの心のユリの花粉になりたい
    mic
  • あなたの心のユリの花粉になりたい
    大阪おばさん(^.^)
  • ひとり舞台を終えて…
    mic

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM